2024年6月23日日曜日

耐震補強 地震に強い家づくり

補強のつぼ

 

丸太梁を受けている大黒柱

 

束石の上に単独で建っています。

 

全面床下を土間コンクリートなどで基礎を構築する場合は、ホールダウン金物などで柱脚

 部を固定することが出来ますが、部分補強の場合 束石の固定根巻きコンクリート+根が

らみで柱脚の連結+土台(アンカーボルトで基礎と一体)にした例です。

 


 





2つ目の写真は広縁の角の基礎補強です。

 

柱下の根石をコンクリートで巻いて固定します。

 

同時に差し敷居の下まで立ち上がり基礎を設けアンカーボルトで緊結します。

 

甲梁が両方からかかりかなり荷重を受けています。(築90年 全面改修工事)




 




角の柱から半間はX・Y方向とも壁を増設し筋交いを入れ耐力壁にします。





一番基本的で大切なこと柱の足元を固めるということです。石場建て基礎のままで補強をする場合両面よりボルトで繋ぎ固定します。



全面基礎を補強しやりかえる場合

ベタ基礎の状況です




リフォーム中 耐力壁の増強 基礎と一体型に土台を入れ筋交いを入れます。




23年 間取り変更リフォーム工事

 



 





築70年

全面改修リフォーム工事



  



 

耐力壁上部 2Fの床梁の下 繋ぎ梁を入れ補強を実施

強い壁になったことが誰が見てもわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐震補強 地震に強い家づくり

補強のつぼ   丸太梁を受けている大黒柱   束石の上に単独で建っています。   全面床下を土間コンクリートなどで基礎を構築する場合は、ホールダウン金物などで柱脚  部 を固定することが出来ますが、部分補強の場合 束石の固定根巻きコンクリート+根が ...